よっ友に遭遇した時どうする?大半の学生が無視するとの結果に!

Students discussing and looking at the book

大学生にありがちな「よっ友」。
よっ友に遭遇した時、どのような態度を取ればいいのかわからず、少し気まずい気持ちになる学生も多いのではないでしょうか。
今回は、「よっ友」とは何か、よっ友に遭遇した時に大学生がどのように対処しているかを紹介します。

「よっ友」とは?

よっとも1

「よっ友」という単語の知名度についてアンケートを取ったところ、19%の学生しか「よっ友」の意味について知らない様子。
あまり浸透していない単語のようです。

「よっ友」という単語は大学生の間で浸透してきている単語。
すれ違ったりたまたま会った時に、「よっ」と声を掛け合い軽い挨拶をするだけの友達のことです。

入学したての新歓の時期に1度だけ会った人や、1つの授業で一緒になった人が「よっ友達」となることが多いようです。
大学等ですれ違った際に、少なくとも顔見知りであるために無視をするわけにもいかず、名前もよく思い出せないがとりあえず「よっ!」などと声をかけて挨拶をするような友達である「よっ友」。

実際に心当たりがある大学生も多いのではないでしょうか。

大半の学生が「よっ友」を無視をするという結果に

よっとも2
大学生を対象に「よっ友に遭遇した時どうする?」という質問をした結果、57%の学生が「無視をする」と回答しました。
そもそも名前もわからないし、そんなに絡みがあるわけでも無い相手に挨拶する必要もないだろうと考える学生もいるようです。

続いて多かった回答が、41%の学生が選んだ「会釈や軽い挨拶をする」というもの。
名前はわからないよっ友だけど、顔見知りであるために無視をするのは気が引けるという学生も多いようです。

よっ友との気まずさを解消したいなら話しかけてみよう


よっ友との気まずさは、多くの交流が生まれる大学生においてはしょうがないもの。
その気まずさを解消したいと思うのなら、すれ違った時に立ち止まって話しかけてみることで「ただのよっ友」から「友達」になるチャンスが生まれます。
ちょっとした勇気を持って話しかけてみるのもいいかもしれませんね。

(実測日:2016年03月16日~03月17日 回答者数:152人 /株式会社オーシャナイズ調べ)