独特の感性で注目を集める「水曜日のカンパネラ」。その知名度やいかに!

カンパネラ

こんにちは!
みなさんは普段、一風変わったアーティストの楽曲を聴くことはありますか?
いわゆる万人受けしそうなアーティストではなく、独特の個性、世界観がある、どちらかというとマニア受けしそうなアーティストです。

そんなアーティストの例として、「水曜日のカンパネラ」が挙げられます。
三人組のヒップホップユニットとして活動していますが、最も目立つのは紅一点の”コムアイ”ではないでしょうか。

2012年にユニットが結成されるまで、コムアイには音楽活動経験は全くなかったそうですが、彼女の個性的なルックス、その独特のメロディーと歌詞が注目を集め、2015年には「ヤフオク!」のテレビCMにも起用されるなど徐々にその知名度は上昇してきています。

彼女はまだ24歳ということで、若年層から支持されているイメージがあるのですが、実際のところどうなのでしょうか?

「水曜日のカンパネラ」、知名度は44%

スクリーンショット 2016-09-20 2.45.57
【質問】 「水曜日のカンパネラ」って知ってる?
【回答】 「知ってる」:44.0% 「知らない」:56.0%

知名度調査を行ったところ、大差ではありませんが「知らない」という人が上回る結果となりました。
もしかすると、コムアイという名前は知っていてもユニット名を知らないか、楽曲を聴いたことがあっても誰が歌っているかは知らないという人もいるのかもしれません。

しかし、いずれにしてもまだ知名度は決して高いとはいえないのが現状のようです。
一方、水曜日のカンパネラの楽曲は適当とも思える歌詞と、独特なリズム感が「中毒性がある!」「ついつい何度も聴いてしまう」とファンの間では評判になっています。

そんな水曜日のカンパネラですが、個性的であるということに加え、若い人たちからどんな印象を持たれているのでしょうか。

どんな印象?

挙がったものとしては、

”個性的でおしゃれ”

”不思議”

”面白い”

”声が特徴的”

”よくわからない人”

”高学歴”

”女の子(コムアイ)が可愛い”

”女性ラッパー”

”奇抜”

”サブカル”

”気持ち悪い”

”突き抜けている”

などなど。
中には悪口に近いものもありましたが、知名度が徐々に上がってきている証拠ともいえるのではないでしょうか。

ちなみに、高学歴というコメントがありましたが、コムアイは慶応義塾大学を卒業しています。
彼女たちについては賛否両論ありますが、その独自の路線でこれからもユニークな活動を展開していってほしいですね。

(実測日:2016年7月16日~7月19日 回答者数:439人 /株式会社オーシャナイズ調べ)