先生との距離は遠いまま?大学の先生と個人的に食事に行ったことがある人はわずか15%。

④大学先生食事

こんにちは!
突然ですが、皆さんは大学の教授、先生と交流はありますか??
義務教育だった小学生〜高校生の頃は、必ず担任の先生がいて名前を覚えてもらって、その距離はかなり近いものであったと思います。

しかし、大学に入るとゼミに所属したりしない限り、先生と呼ばれる立場の人と関わる機会はほぼ無いといえます。
履修している授業でも、教壇に立って一方的に喋る先生、教室の後方の席に固まって座る学生たちという絵が当たり前になっているのではないでしょうか。

大学生の皆さんからみても、大学教授という人たちは堅物のように見えて話しかけづらいという意識もあるかと思います。
しかし大学の先生たちの中には、話してみると意外とフレンドリーで最近の大学生の流行りなんかも知っているという面白いキャラクターの人もいたりします。

そんな「大学教授」という人たちですが、大学生の中で先生方と食事に行ったことがある人はどれくらいいるのか?というのが今回の調査テーマです!

大学の先生と食事に行ったことがあるのは全体の15%

④

【質問】 大学の先生と個人的に食事(飲み)に行った経験ある?
【回答】 「ある」:15% 「ない」:85%

回答結果を見てみると、大学の先生と食事に行ったことがあるというのは全体の15%であることがわかりました。
ある程度予想はしていましたが、やはり少ないですね。
ただ、これは単に学生と教授の距離感の問題ということだけではないかもしれません。

というのも、もし学生と教授が男女であった場合、プライベートで二人でどこかに行くというのはグレーゾーンに当たる行為といえるからです。
大学にもよるかと思いますが、大学教授と在学中の学生との間に恋愛関係等が発覚した場合、最悪教授は職を失うリスクがあり、学生側ももしかすると何らかの処分が下される可能性があります。

なので学生と教授が同性同士であったり、複数人での食事などでないと教授と個人的に食事に行くというのは難しいのかもしれません。

大学の先生と食事に行った経緯は?

しかし、15%とはいえ実際に食事に出かけたという人も存在するわけです。
どのような経緯で行くことになったのか、聞いてみましょう。

”ゼミの打ち上げで”

”フィールドワーク終わりに”

”先生とバンドを組んでいて、その関係で”

”美味しいお店があると先生に連れて行ってもらった”

様々なエピソードがありましたが、先生とバンドを組んでいるというのはすごいですね。笑
そちらのいきさつも聞いてみたいものです。
また他にも、父親が他学部の教授をしていて親子としてご飯に行ったという人もいました。

これらのエピソードを見ていると、大学の先生方というのは意外と社交的で学生との交流を持とうとする人もいるのだということがわかりますね。

あなたも、少し気になった先生がいたらご飯に誘ってみると面白い話が聞けるかもしれませんよ?

(実測日:2016年7月16日~7月19日 回答者数:410人 /株式会社オーシャナイズ調べ)