電車に乗っている間って何してる?音楽を聞いている学生が37%

独立行政法人日本学生支援機構が発表している【学生生活調査】からも分かるように、自宅から大学へと通う学生は50%以上に及ぶという。

片道2時間程度までなら自宅から通うというケースが多いようで、その場合だと通学時間は往復4時間ほどになってしまいます。
その際は電車での通学がメインとなりますよね。

通学において電車には10分程度しか乗らないという人から、4時間乗りますという人まで様々ですが、電車通学をする学生も全体の5割以上だとか。
通学で電車に乗らないという学生でも、バイト先への通勤やちょっと遠出して遊びに行くなど、電車に乗るシーンは多くありますよね。

そんな中、大学生は電車に乗っている時間をどのように過ごしているのでしょうか?
調査してみました。

一番人気は音楽を聴く!

電車で
大学生を対象に「電車に乗っている間って何してる?」と尋ねてみたところ、37%の学生が「音楽を聴く」と回答。
イヤホンやヘッドホンなどをして好きな音楽を聴いている学生が多いようですね。
電車内で音楽を聴く場合は、音量を上げすぎて周囲の迷惑にならないようにだけ気をつけましょう。

そのほかの回答は下記の通り。

・SNSを見る 25%  
・読書する 12%
・ゲームをする 11%
・友達とLINE(連絡)をする 8%
・その他 8%

TwitterやFacebookといったSNSを見て、周囲の学生や知り合い、有名人等の投稿を見て楽しむという時間の使い方をしている学生も多いようです。
また、ある程度電車に乗っている時間が長い時には読書をしたりゲームをしたり、娯楽を楽しむ場合があるようです。

寝る学生も多い

日頃の疲れが溜まっているのか、「その他」の回答のほとんどが「寝る」というものでした。
片道1時間を越える遠方からの通学において、朝早くに置きて電車にとりあえず乗って、到着ギリギリまで寝るという学生もいるようです。
中にはたった数分の乗車時間でも寝てしまうという学生もいるとか。

その他には「ニュースアプリで情報収集」をしたり、「ぼーっと外を眺める」といった回答もありました。
人によって様々な使い方がある電車の時間。
乗車時間にもよりますが、長い乗車時間の場合、勉強に時間を充てるのもいいかもしれませんね。