好きな人と話すときは特別。3割が「話すとき意識していることがある」

①異性

こんにちは!
突然ですが、皆さんはこんな経験はありませんか?
気になっている異性を目の前にするとうまく話せない、好きな人に限ってなかなか距離を縮められない。。

恋愛慣れしてくればそのようなことも少なくなってくるかもしれませんが、初恋の時などはこのような状態に陥ってしまう人も多いのではないかと思います。
逆に、自分のアピールポイントを把握しており、好意を抱いている異性と話す時にはいつもと違う顔を見せる人もいることでしょう。

今回は、そのような人はどれほどいるのか調査してみました!

31%の人が好きな人を意識

①

【質問】 好意を抱いている異性と話す時に意識していることってある?
【回答】 「ある」:31% 「ない」:69%

調査の結果、31%が「好きな人と話すときに意識していることがある」と回答しました。
確かに、周りから見ていても特定の人と話すときだけなんだか態度が違うなっていう人たまにいたりしますよね。

あまり露骨に態度を変えるのはよくないかもしれませんが、女性であれば「可愛く見られたい」、男性であれば「優しくて頼れる男に見られたい」といった気持ちが働くのは当然のことだと思います。
それが気になっている人や、好意を抱いている人の前だとよりその気持ちが強くなるのも納得です。

さて、では「意識していることがある」という人たちはどんなことを意識して接しているのでしょうか?

意識していることとは?

実際に意識していることを挙げてもらいました!

”(相手に)興味を持っているように振る舞う”

”笑顔”

”目線の位置(目を見て話すなど)”

”変なことを言わないように気をつける”

”面白いことを言おうとする”

”相手の興味があることについて話す”

”ポジティブな言葉を使う”

”ボディータッチ”

”清潔感”

”相手の話に耳を傾ける”

などなど人によって意識している点が様々あるようです。
しかし、いずれも「可愛く見られたい」「良い印象を持たれたい」という気持ちが根底にあり、自分なりの努力をしているというわけです。

ここに挙がったものを一度に全て実行することは難しいかもしれませんが、気になっている相手にもこちらを意識してもらい「この人いいな」と思わせるためには少しずつ意識して実行していくとよいかもしれません。

不自然なコミュニケーションになると最悪の場合イメージダウンにつながる危険もあるので、普段友人との何気ない会話の中ででも練習しておくことをおすすめします!

(実測日:2016年7月16日~7月19日 回答者数:440人 /株式会社オーシャナイズ調べ)