今の大学生は堅実志向?宝くじ購入経験があるのは27%

宝くじ

こんにちは!
みなさんはちょうど今頃、迫りつつある夏休みに備えてアルバイトのシフトを増やし始めている頃でしょうか?
夏休みは旅行に遊び、サークルの合宿など楽しみなことが沢山ありますね。

しかーし、それらを全て楽しむためには、お財布と銀行口座にいる幾人もの諭吉さんとお別れをしなければいけないという辛い現実が待ち構えています。
「もっとお金があればいいのに。。。」
皆さんも一度は思ったことがあると思います。

それを現実にする手段として私たちの身近にあるものが、「宝くじ」です。
テレビCMでもよく目にしますし、路上の宝くじ販売店に列ができている光景も見たことがある人は多いのではないでしょうか。

数百円の元手で一攫千金を狙えるチャンスがこんなにも身近にあるわけですが、このチャンスに賭けてみた人が大学生にどれほどいるのか調査してみました。

宝くじを買ったことがあるのは27%

スクリーンショット 2016-07-01 2.01.42

【質問】 宝くじ買ったことある?
【回答】 ある:27% ない:73%

調査の結果わかったのは、大学生で宝くじ購入経験がある人は意外にも少ないということでした。
その割合は全体の27%。
多いとはいえないですよね。

「どんなものか試しに買ってみた」ということも含めての27%なので、そもそも宝くじに興味を示す人自体が大学生の中には少ないといえます。

若さゆえにロマンを追い求め、金欠ゆえに(運任せながら)臨時収入を得ようとするのではと踏んでいましたが、どうやらそうではなく堅実志向を持った人が多いようですね。

もし宝くじが当たったらどうする?

さて、あまり一攫千金を狙おうとしない堅実な性格であっても、実際に宝くじに当たりいきなり高額なお金が自分の元に転がり込んできたらどのような使い道を選択するのでしょうか。
追加で質問してみました!

”貯金”

”奨学金返済”

旅行

家を買う

留学費用に充てる

生活費と豪遊するための資金にする

服や好きなものを買う

上記のような様々な意見が見られましたが、ダントツで多かった回答が「貯金」というもの。
どこまで堅実なんだと、大学生のあまりに徹底した堅実ぶりに少々戸惑いつつも、先々のことを見据えてお金を慎重に扱う姿勢はある意味大人で、自分自身も見習うべきかなとも思います。

また、奨学金や借りていたお金の返済に充てるというのも現実を考えた上での正しい使い道といえるかもしれません。
本当に宝くじが当たってしまったら、また使い道を考えるかもしれませんが、お金は正しく使いましょうね。

(実測日:2016年6月21日~6月24日 回答者数:433人 /株式会社オーシャナイズ調べ)