やっぱり紙が一番!授業でメモを取る時ノートとペンを使う人は90%以上。

②大学講義

こんにちは!
学期末テストも無事に?終わり、いよいよ夏休み!
しばらく勉強道具とおさらばして夏は遊び倒すという人もいるかと思います。

しかし、勉強道具って何でしょうね。
一般的なイメージでいえばペンにノート、教科書といったところでしょうか。
しかし最近はノートパソコンを授業に持ち込んで、それでメモを取ったり調べ物をしたり、課題まで終わらせてしまう人も多くいるようです。

その方が何かとメリットがあるのかもしれませんが、実際のところ、どれほどの人がノートパソコンを使って授業を受けているのでしょうか?
調査してみました!

最近の大学生は勤勉?メモは「ノートとペン」92%

②

【質問】 授業の時って何を使ってメモ取ってる?
【回答】 「ノートとペン」:92% 「スマホ」:3% 「パソコン」:2% 「メモを取らない」:3%

結果を見てみると、「ペンとノート」を使っているという人が92%と、圧倒的な割合であることがわかりました。

念のため「メモを取らない」という選択肢を入れてみたんですが、ほとんどの人が何かかしらでメモを取っているということで、
勤勉な現代大学生の実情が浮かび上がってきましたね。笑

ノートできちんとメモを取っている姿を想像すると非常に真面目な大学生という感じがしますが、ただ授業を聞いてメモを取るだけでなく積極的に発言をしていくような人はどれくらいいるのでしょうか?

こちらも簡単にですが、アンケートを取ってみました。

授業中に発言する人はどれくらいいるのか?

56人の人が「授業中に発言したことあるか?」という質問に答えてくれましたが、そのうち25人が「発言したことがある」とのことでした。

中には、発言が成績に加点される場合には発言するという人や、授業が終わった後に先生の元に個別に質問や意見を言いに行くという人も。

アメリカなど海外の大学では授業中に質問をしたり、自分の意見を他の学生の前で言うことが当たり前であったりしますが、日本ではまだまだ一般的ではないようです。

単に、先生が一方的に話しているだけで完結する授業である場合も多々ありますが、「的外れなことを言ってしまったら恥ずかしい」「知らない人たちがたくさんいる中で自分だけ発言するのは気が引ける」といった日本人特有のシャイな性格が影響している可能性は高いですね。

授業中に発言するにしても、メモをしっかりと取ることにしても、社会人になるとなかなか腰を据えて勉強する機会はないので、学生のうちにしかできないことの一つとして引き続き大学の勉強を頑張っていってください!

(実測日:2016年7月16日~7月19日 回答者数:440人 /株式会社オーシャナイズ調べ)