大学名入りクレジットカードはあまり普及してない?持っている人はわずか6%

クレカ

こんにちは!
皆さんは買い物をする時は現金派ですか?それともカード派ですか?
クレジットカードはポイントが付き、またTポイントや飛行機のマイル・マイレージが貯まるタイプのものもあるため、現金で支払うよりもお得感があります。

そんなクレジットカードですが、皆さんは大学が発行しているクレジットカードがあるのをご存知でしょうか?

大学生向けなので利用金額の上限はあまり高くないのですが、使用するお店や施設によっては特別な割引サービスを受けられるなどの特典があるカードです。

また、大学名が印字されオリジナルのデザインがプリントされているので愛校心がくすぐられます。
今回は、この大学発行のクレジットカードを一体どれほどの人が持っているのか調べてみました。

大学名入りクレカを持っている人はわずか6%

スクリーンショット 2016-05-29 18.04.16

【質問】自分の大学名が入ったクレジットカードって持ってる?
【回答】「持っている」6% 「持っていない」94%

調査の結果、なんと大学発行のクレジットカードを持っている人はわずか6%しかいないということがわかりました。
良くいえばかなりプレミアということなのかもしれませんが、ほとんど普及していないようです。

大学にもよると思いますが、新学期シーズンになると「クレジットカードを作りませんか〜?」という宣伝がキャンパス内で行われていたりします。
その宣伝も虚しく大学でクレジットカードを作る人がほとんどいないのには何か理由があるのでしょうか?

なぜ持っている人はこんなに少ないのか?

大学発行のクレジットカードを作っていない理由を聞いてみると、以下三点の理由に集約されました。

”カードの存在を知らない”

”そもそもそのようなカードが存在しない”

”必要性を感じない”

特に最も多かったのが「カードの存在を知らない」というもの。
大学側はもっと宣伝を頑張る必要がありそうです。

また、確かにカードが存在しなければ作りたくても作りようがありませんよね。
ちなみにクレジットカードを発行している大学は、東大京大、早慶上智、MARCHの中の明治、立教、法政などが挙げられます。

その中でも上智大学はソフィアンズカード、東京大学は赤門カードなどオリジナルの名前を付けているようです。

通常のクレジットカードと比べて特別お得というわけではありませんが、通っている大学がカードを発行しているのであれば学生時代の思い出として一つ持っておいてもいいのではないでしょうか。

(実測日:2016年05月23日~05月25日 回答者数:294人 /株式会社オーシャナイズ調べ)