あなたがPC(パソコン)を使う頻度ってどのくらい?スマホ慣れしてパソコンを使わない学生が増加中!

大学生になって使う機会の増えるパソコンですが、みなさんはどのような形でパソコンというハードウェアと付き合っているのでしょうか。

毎日PCを使う学生は30%ほど

SurveyMonkey 分析 - 学生生活事情教えてください! (2)

大学生を対象に『PC使う頻度はどの程度ですか?』というアンケートを行ったところ、『毎日』と解答した学生が一番多く、30%の割合を占めていました。

個人的には50%、いや70%ほどかとも思っていましたが、意外と少ない結果が出ています。

一般的な学生がPCを使う主な用途としては

・レポート
・情報収集
・YouTube

といったものが挙げられますが、その多くがスマートフォンで代用できることからPCを使う頻度が下がっているのでしょう。

この結果から、ある意味で“学生のPC離れ”が進んでいるとも言えるかもしれません。
しかしPCを扱うということは、どのような職種においても将来的には避けて通れない道であると言えます。

PCは社会人の必須スキル

パソコン
(出典:http://pc.gem-stones.net/

財務関係はもちろん、営業であれ、人事であれ、仕事で取り扱う様々なデータをExcel等でまとめたり、プレゼンの資料をPCで作成したりと必ずパソコンを使用する機会はありますよね。

その様な場合に“全くパソコンが触れない”というのは困ったものです。
学生のうちからある程度パソコンを使うことに慣れておくことは大切であると言えます。

データ入力や文章起こしなどの作業効率をあげるためにも、

・ブラインドタッチ
・最低限のExcel、Wordの操作知識

は大学生のうちに身に付けておいた方がいいでしょう。

PCによる作業効率化

スマフォ・パソコン
(出典:http://vip.blomaga.jp/

スマートフォンは非常に便利なツールで、ネットブラウジングや簡単な書類データ閲覧・編集、音楽や動画の視聴など、実に様々なことがいつでもどこでもできる利点があります。

しかし、スマートフォン「だけ」で総ての作業を効率的にこなすことは実質的に不可能です。
PCで作成したプレゼンやExcel等の資料をスマートフォンで表示し、発表することはできても、スマートフォン上で1からプレゼンやデータ処理を行うのは非常に効率が悪く、時間もかかってしまいます。

・処理が速い
・大きい画面で作業効率が上がる
・キーボードによるタイピングなのでスマフォのフリック入力よりも速くタイピングができる

スマートフォンに比べて、パソコンには上記のようなメリットがあり、実務という観点からいうと確実にPCの方が優位なのです。

また、PCで情報収集を行うほうが単純に画面が大きい分多くの情報が一度に目に入ります。
このように、PCを使うメリットは非常に多くあるので、ぜひ多くの用途でPCを使うよう心がけてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
今回は、かなりビジネス寄りの視点からパソコンを使うことへのメリットを解説してみました。

社会に出てから『パソコンが使えない新人』というレッテルを貼られないよう、学生のうちからある程度のスキル、知識は身に付けておきましょう。