〜学生の学生による学生のための出版選手権〜

出版甲子園ロゴ
学生の学生による学生のための商業出版企画選手権、「第13回出版甲子園」が開催されます。この大会は全国の学生・院生から「こんな本を書きたい!」という本の企画書の募集を行い、出版を目指すものです。三度にわたる審査から選び抜かれた企画は、「出版甲子園決勝大会」と呼ばれるコンペティションに出場し、様々な出版社の編集者や書店員たちの前でプレゼンを行ってもらいます。そこで編集者の目にとまった企画には正式なオファーがかかり、企画者自身の手で執筆、そして出版に至ります。
さらに、今回の決勝大会のゲストにはベストセラー『伝え方が9割』シリーズの著者、佐々木圭一さんをお招きして、トークショーも開催予定です。

 

そのため、出版甲子園実行委員会では、本の企画を募集中です。対象ジャンルは、エンタメ、エッセイ、実用書、学習参考書(文芸を除く)の4つ。応募締切は6月25日(日)です。
また、HPでは一年の流れや、企画書の見本も掲載しています。
参考にしてみてください。

 

これまでに出版甲子園を通して32冊の本が出版されています。
学生のうちに本を書き、商業出版する機会はなかなかありません。
本屋に並ぶ1冊に、あなたの本を加えてみませんか?
応募資格:学生であること。年齢、性別、執筆経験は問いません。
応募締切:6月25日(日)
応募方法:第13回出版甲子園HP(http://spk.picaso.jp)の応募フォームより送信
主催:第13回出版甲子園実行委員会
共催:NPO法人企画のたまご屋さん・株式会社天才工場
後援:日本書店商業組合連合会
協力:一般財団法人 出版文化産業振興財団、全国大学生活協同組合連合会
協賛:日経印刷株式会社・株式会社パンダスタジオ・株式会社リクルートキャリア・株式会社ガロア