山P主演の連ドラ「アルジャーノンに花束を」観ている?学生の視聴率は約15%と好発進!

ThinkstockPhotos-79314433

インターネット、スマートフォンの普及による若者の「テレビ離れ」について、議論を聞くことも多いですよね。
一方で、ジャニーズが主演を務める連続ドラマは、概ね視聴率も高く、若者の視聴者も多いと言われています。

現在、金曜22時からTBSにて、山Pが主演の「アルジャーノンに花束を」というドラマが放送されていますが、どれくらいの学生が観ているのでしょうか。

学生の知名度は7割ほど

SurveyMonkey 分析 - 大学生活調査 vol.2

ジャニーズの山P効果かもしれません。
「名前だけ聞いたことがある」も含めると、68%の学生が「アルジャーノンに花束を」を知っており、なかなかの知名度であると言えます。。

「アルジャーノンに花束を」は以前2002年にもユースケサンタマリア主演でドラマ化がされていました。
現在の大学生が小学生の頃に旧バージョンのドラマもやっていたということで、ドラマの名前を元から知っていた、という学生も一定数いるのではないでしょうか。

「アルジャーノンに花束を」って?

aru
(引用:http://www.tbs.co.jp

28歳だが、知能は6歳児並みという知的障がい者の白鳥咲人(山下智久)は、少年刑務所に入っていたなど“訳アリ”な若者が集まる花の配送センター「ドリームフラワーサービス」で働いていた。ある日、咲人は同僚の柳川隆一(窪田正孝)と軽トラに乗り、望月遥香(栗山千明)の住むマンションにバラの花束を届けに行く。遥香は配達人の咲人が精神遅滞者であることを知らないため、咲人の対応に驚き、警察を呼ぼうとしてしまう。慌てて駆けつけた柳川が事情を説明し、その場は収まりそうになるのだが、玄関の飾り棚にあるアクセサリースタンドのキラキラ光るイヤリングに惹きつけられた咲人は手を伸ばし、もうひと騒動を起こしてしまう。届け物もろくにできない咲人だったが、純粋で心の優しい彼の夢は、ママが好きになってくれる“お利口さん”になることだった。
(引用:http://www.tbs.co.jp/

ベストセラー小説である「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス著)をドラマ化した作品で、知的障がい者という重いテーマを丁寧に描く本作品。

“知能を得る喜び”、そして“知る苦しみ”を得ていく主人公に感動、悲しみを覚えずにはいられないでしょう。

  • 放送開始:4月10日(金)22時〜
  • 放送局:TBS

『金曜ドラマ アルジャーノンに花束を』公式サイト

学生の視聴率は約15%!

SurveyMonkey 分析 - 大学生活調査 vol.2 (1)

初回の放送を「全部観た」という学生は14.7%ということで、学生に限りますが、中々の好視聴率なのではないでしょうか。
「山P」×「ベストセラー作品」ということで、役者の人気と裏打ちされた物語の面白さが人気の秘密なのでしょう。

気軽に多くの娯楽を楽しめる現在、テレビを観ない学生は多いかもしれません。
ですが、たまにはのんびりと家でくつろぎながら良質なテレビドラマを観てみるのもいいかも?